トップページ > 論文・著書など > U.総説・解説など 1.コレステロール代謝とその阻害剤

U.総説・解説など 1.コレステロール代謝とその阻害剤

1976-1980

  1. 1) 遠藤章. 高コレステロール血症の遺伝生化学. 医学のあゆみ 1976; 96(13): 859-865.
  2. 2) 遠藤章. ヒト培養細胞におけるコレステロール代謝調節. 生化学 1976; 48(6): 301-307.
  3. 3) 遠藤章. 家族性高コレステロール血症とLDL receptor欠損. Diabetes J 1977; 5(4): 186.
  4. 4) 遠藤章. Deuel Conference on Lipids とFederation Meeting. コレステロール代謝の部会に主席して. 蛋白質核酸酵素 1979; 24(9): 1139-1141.
  5. 5) 遠藤章. コレステロール合成阻害剤ML-236Bの発見から臨床まで. 化学と生物 1979; 17(10): 672-676.
  6. 6) 遠藤章. 脂質代謝研究法. 10)コレステロール合成. 代謝 1979; 16(11): 1757-1 766.
  7. 7) 遠藤章、五島雄一郎. コレステロールに新低下剤(対談). モダン・メジシン(朝日新聞社), 1979; 8(12):44-53.
  8. 8) 遠藤章. コレステロール低下剤の歴史. 治療学 1979; 3(6): 828-832.
  9. 9) 遠藤章. LDL pathwayについて. 動脈硬化 1979: 7(3): 738-744.
  10. 10) 遠藤章. LDL receptor. クリニカ 1980; 7(8): 738-744.
  11. 11) 遠藤章. コレステロール合成の調節. 生化学 1980; 52(10): 1033-1049.
  12. 12) 遠藤章. 新しいコレステロール低下剤の発見. 青淵 第374号. 渋沢青淵記念財団竜問社, 1980. pp.21-22.
  13. 13) Endo A. Biological and biochemical aspects of ML-236B (compactin) and monacolin K, specific competitive inhibitors of 3-hydroxy-3-methylglutaryl coenzyme A reductase. In: “Atherosclerosis" V. Gotto AM et al(eds) Springer-Verlag, New York, 1980. pp.152-155.

1981-1985

  1. 14) 蓮見惠司, 遠藤章. Coated pitと膜動輸送. 化学と生物 1981; 19(2): 89-90.
  2. 15) 村川茂雄, 遠藤章. コレステロール合成の調節. 油化学 1981; 30(10): 91-95.
  3. 16) 遠藤章. コレステロールの代謝と制御. 「血清脂質. その臨床, 基礎, 分析法」. 山本章編, 1981. pp.281-307.
  4. 17) 遠藤章. コレステロール(その他). 「臨床医学大辞典」. 武見太郎編集主幹, 講談社, 1981.
  5. 18) Endo A. Biological and pharmacological activity of inhibitors of 3-hydroxy-3-methylglutaryl coenzyme Areductase. Trends Biochem Sci 1981; 6: 10-13.
  6. 19) Endo A. 3-Hydroxy-3-methylglutaryl CoA reductase inhibitors from Penicillium and Monascus species. In:“Methods in Enzymology" Vol 72. Lowenstein JM(ed), Academic Press, New York, 1981. pp.684-689.
  7. 20) 遠藤章. 幼若ホルモン生合成の調節機構. 化学と生物 1982; 20(7): 414-415.
  8. 21) 遠藤章. コレステロール代謝の種特異性. 「高脂血症、リポタンパクとその異常」. 藤井節郎, 山本章編, 医歯薬出版, 1982. pp.13-26.
  9. 22) 遠藤章. HMG-CoA reductaseその他. 「臨床酵素ハンドブック」. 馬場茂明ら編, 講談社サイエンティフィック,1982.
  10. 23) 山本章, 三宅可浩, 遠藤章. コレステロール代謝調節. 臨床薬理の進歩 1983. pp.15-41.
  11. 24) 遠藤章. HMG-CoA reductase阻害剤. 三和医報, 第12号, 1983. pp.73-76.
  12. 25) 遠藤章. コレステロール代謝のメカニズム. 薬の知識 1984; 35(1): 13-17.
  13. 26) 遠藤章. コレステロール合成阻害剤の臨床薬理. Pharma Media 1984; 2(8): 99-106.
  14. 27) 遠藤章. 第8回DALM国際会議に出席して. 農化 1984; 58: 428-429.
  15. 28) 遠藤章. コレステロール生合成阻害剤の基礎と開発. 油化学 1985; 34: 335-340.
  16. 29) 遠藤章. 紅麹菌をめぐる歴史と最近の動向. 発酵と工業 1985; 43(6): 544-552.
  17. 30) 遠藤章. コレステール代謝. 「阻害剤研究法」. 日高義弘編、共立出版, 1985. pp.124-131.
  18. 31) 遠藤章. コレステロール低下剤の歴史. 「治療の歴史断章」. 治療学編集委員会編, ライフサイエンス出版, 1985. pp.74-83.
  19. 32) 遠藤章. コレステロール合成阻害剤モナコリンK関連物質の探索. 「バイオテクノロジー・生化学から物質生産へ」. 丸尾文治編, 学会出版センター, 1985. pp.237-278.
  20. 33) Endo A. HMG-CoA reductase inhibitors. In: “Advances in Experimental Medicine and Bioligy" Vol 183. Kritchevsky et al(eds), Plenum Press, New York, 1985. pp.295-310.
  21. 34) Endo A. Specific non-sterol inhibitors of HMG-CoA reductase. In: "Regulation of HMG-CoA reductase". Preiss B (ed), Academic Press, New York, 1985. pp.49-78.
  22. 35) Endo A. Compactin (ML-236B) and related compounds as potential cholesterol- lowering agents that inhibit HMG-CoA reductase. J Med Chem 1985; 28: 401-405.

1986-1990

  1. 36) 遠藤章. ノーベル医学・生理学賞. ジョセフ・ゴールドスタインとマイケル・ブラウン両博士の業績について. 蛋白質核酸酵素 1986; 31(1): 1-4.
  2. 37) 遠藤章. コレステロール合成阻害剤. 酵素工学ニュース, 第15号, 1986. pp.19-21.
  3. 38) 遠藤章, 坂井薫, 蓮見惠司. コレステロール合成阻害剤. 「微生物の分離法」. 山里一英ら編、R&Dプランニング, 1986. pp.720-728.
  4. 39) 遠藤章. コレステロール合成阻害剤いよいよ実用化. Bioindustry 1987; 4(8): 651-658.
  5. 40) 遠藤章. コレステロール低下剤の薬理. 「コレステロール代謝回転」. 五島雄一郎, 日笠頼則編, 医歯薬出版, 1987. pp.153-160.
  6. 41) Endo A. Drug inhibiting HMG-CoA reductase. Pharm Ther 1987; 31: 257-267.
  7. 42) Endo A. Chemistry, biochemistry and pharmacology of HMG-CoA reductase inhibitors. Klin Wochenschr 1988; 66: 421-427.
  8. 43) 遠藤章. 微生物の生産する薬理活性物質. 農化 1989; 63(2): 214-216.
  9. 44) 遠藤章. 最近出席した7つの国際会議をふりかえって. 農化 1989; 63(8): 1411-1414.
  10. 45) Endo A. Biochemistry and pharmacology of HMG-CoA reductase inhibitors. In: “Atherosclerosis" VIII. Crepaldi G et al (eds), Excerpta Medica, New York, 1989. pp.775-780.
  11. 46) Endo A, Hasumi K. Biochemical aspects of HMG-CoA reductase inhibitors. In: “Advances in Enzyme Regulation" Vol 28. Weber G(ed), Pergamon Press, New York, 1989. pp.53-64.

1991-1995

  1. 47) 遠藤章. 第二のペニシリン. バイオサイエンスとインダストリー 1991; 49(2): 153.
  2. 48) 遠藤章. HMG-CoA還元酵素阻害剤の開発をかえりみて. 医学のあゆみ 1991; 57(13): 720-722.
  3. 49) 遠藤章. HMG-CoA還元酵素阻害剤(コレステロール合成阻害剤)の作用メカニズム. 農化 1991; 65(6):1019-1021.
  4. 50) 遠藤章. HMG-CoA還元酵素阻害剤. 日本臨床 1991; 49(9): 2004-2009.
  5. 51) Endo A. The discovery and development of HMG-CoA reductase inhibitors. J Lipid Res 1992; 33: 1569-1582.
  6. 52) Endo A. HMG-CoA reductase inhibitors story. In: “Celluar Metabolism of the Arterial Wall and Central Nervous System". Schettler G et al (eds), Springer- Verlag, Berlin, 1993. pp.159-166.
  7. 53) Endo A, Hasumi K. HMG-CoA reductase inhibitors. Natural Product Reports 1993; 10: 541-550.
  8. 54) 遠藤章. 紅麹菌とコレステロール低下薬. 温故知新, No.31, 1994. pp.14-16.
  9. 55) 遠藤章. HMG-CoA還元酵素阻害剤の過去・現在・未来. Lipid 1994; 5(2): 122-129.
  10. 56) Endo A. Hypocholesterolemic agents. In: “ The Discovery of Natural Product with Therapeutic Potential". Gullo VP(ed), Butterworth-Heinemann, Boston, 1994. pp.301-320.
  11. 57) 遠藤章. HMG-CoA還元酵素阻害薬物語(1). ロバスタチン(モナコリンK)発見の経緯. 医学のあゆみ. 1995; 172(2): 131-133.
  12. 58) 遠藤章. HMG-CoA還元酵素阻害薬物語(2). コンパクチンの開発中止を中心に. 医学のあゆみ 1995;172(3): 183-185.
  13. 59) 遠藤章. HMG-CoA還元酵素阻害薬物語(3). 肝細胞選択性の問題. 医学のあゆみ 1995; 172(4): 233-235.

1996-2000

  1. 60) Endo A, Hasumi K. Mevinic acids. In: “Fungal Biotechnology". Anke T (ed), Chapman & Hall, Weinhein, 1997. pp.162-172.
  2. 61) Nakajima N, Endo A. Cholesterol-lowering effects of red koji. In: “Functional Foods for Disease Prevention II. Medicinal Plants and Other Foods". ACS Symposium Series. Shimamoto T et al (eds), American Chemical Society, 1998. pp.83-87.
  3. 62) Endo A. Discovery and development of the statins. In:"Statins: The HMG-CoA Reductase Inhibitors in Perspective“. Gaw A et al (eds), Martin Dunitz, London, 1999. pp.35-47.
  4. 63) 遠藤章. HMG-CoA還元酵素阻害薬. 2. 作用機序. 薬のサイエンス 1999; 2: 6-9.
  5. 64) 遠藤章. 微生物に託した一科学者の夢と奇跡の新薬「スタチン」の発見. 化学と教育 2000; 47: 824-827.
  6. 65) 遠藤章,小橋恭一.新薬の開発は南極大陸の横断に似た冒険,強い意志が不可欠です(対談).実業の富山 2000; No.11, pp.8-15.

2001-2005

  1. 66) 遠藤章. HMG-CoA還元酵素阻害薬・スタチン発見の経緯. 動脈硬化 2001; 28(6): 111-113.
  2. 67) 遠藤章. 21世紀の創薬ーーHMG-CoA Reductase阻害剤(スタチン)開発の秘話.脂質生化学研究 2001;43:3-6.
  3. 68) 遠藤章.カビから夢の特効薬を発見.教育あきた2003;No.646,p.3.
  4. 69) Endo A. The origin of the statins,. In “Atherosclerosis XIII". International Congress Series (2003). Matsuzawa, Kita T et al(eds), Elsevier BV, The Netherlands, 2004. pp.3-8.
  5. 70) Endo A. I finally tested a statin on myself!! Atherosclerosis Suppl 2004; 5: 31.
  6. 71) 遠藤章, 代田浩之. 動脈硬化のペニシリン“スタチン"の発見と開発(対談). 心臓 2005; 37: 681-698.PDF
  7. 72) 遠藤章.先人科学者たちの教え.化学と生物2005; 44:425

2006-2010

  1. 73) 遠藤章.自然からの贈りものーコレステロール低下剤「スタチン」はこうして生まれた(日本国際賞2006受賞記念講演記録).日本国際賞(Japan Prize)2006,(財)国際科学技術財団,pp78-90.
  2. 74) 遠藤章.史上最大の新薬「スタチン」の誕生.ファルマシア2006;42:1089-1091.
  3. 75) 遠藤章.青かびから発見されたもう一つの奇跡の薬「スタチン」.学士会報2006;No.861(2006-Y),pp.53-59.
  4. 76) 遠藤章, 佐藤隆一郎, 梶原将, 須貝戚.トップランナーに聞く(対談).化学と生物2007;45:67-71.
  5. 77) 遠藤章.史上最大の新薬スタチンの発見と開発.健康あきた2007; No42,pp.3-4
  6. 78) 遠藤章,福井次矢.薬物治療の軌跡と展望.第1回スタチンの発見(対談). MMJ 2007;3:320-323.
  7. 79) 遠藤章,伊藤正治. Medical Who's Who-フレミングに魅せられ応用微生物学に興味(対談). JMS May 2007 Vol.125, pp.80-84.
  8. 80) 遠藤章.スタチンはこうして生まれた.総合臨床2007;56(No.7): 2260-2263.
  9. 81) 遠藤章.スタチン開発から学んだこと.日経サイエンス 2007年11月号(vol. 37, No.12). リンク
  10. 82) 遠藤章 史上最大の新薬"スタチン“の発見と開発(講演記録).本田財団レポートN0. 123, 財団法人本田財団, 2008. リンク
  11. 83) 遠藤章. 自然からの贈りものー新薬スタチンの発見と開発 全日本病院協会雑誌 2008;19:40-48.
  12. 84) 遠藤章. 自然からの贈りものー奇跡の薬を発見. かけはし 第1巻第13号, 2008 年4月, p. 14. JAグループ秋田.
  13. 85) 遠藤章 自然からの贈り物ー新薬スタチンの発見 第60回昭和農業技術研究会講演記録、2008年1月16日、社団法人 農林水産技術情報協会
  14. 86) 遠藤章. 一人だけでは寂しい.生化学 2008; 80: 787(2228).
  15. 87) 遠藤章(訳)心臓学における20世紀の10大業績.心臓 2008; 40 (No. 11): 1027-1033.
  16. 88) 遠藤章, 岡部陽二(インタビュー).有識者インタビュー. 自然からの贈りもの〜史上最大の新薬誕生の物語.Monthly IHEP 2008 年9月号 No.168, pp.24-27.
  17. 89) 遠藤章. 理系学生へのメッセージ. 夢と目標を定めて努力すれば、自分の望むキャリアはきっと手に入る.就職ジャーナル2009 JAN, pp.96-97.
  18. 90) 遠藤章. スタチンの発見と開発. PHARM TECH JAPAN 2008; 24(No.12):37-43(2447-2453)
  19. 91) 遠藤章, 勝又美智雄(インタビュー).血液中のコレステロールを抑える新薬「スタチン」を発見・開発して、米国で最も権威のある医学賞・ラスカー賞を受賞した.国際人流 2008; 9号, p. 24-27.
  20. 92) 遠藤章 アオカビが世界を変えたーペニシリンからスタチンへ Milsil, vol 1, No.6,p.11-14,2008.
  21. 93) Akira Endo. A gift from nature: the birth of the statins. Nature Medicine 2008; 14: 1050-1052. リンク
  22. 94) 遠藤章 「スタチン発見物語」世界一のコレステロール低下薬が生まれるまで.別冊NHKきょうの健康、寺本民生監修 pp.5-10,2008年1月、日本放送出版協会.
  23. 95) 遠藤 章. ラスカー賞学者、頭脳流出を憂う. 文芸春秋 2009年2月号、pp. 290-297..
  24. 96) 遠藤章 HMG-CoA 還元酵素阻害薬“スタチン". 実験医学 2009;738-743
  25. 97) 遠藤章(インタビュー)この人に聞く.「高脂血症治療薬の発見で米国・ラスカー賞を受賞」.月刊薬事 2009;51(No.5); 16-17.
  26. 98) 遠藤章 コレステロール低下薬“スタチン”の発見ー誰が、いつ、どこで? 化学と生物 2010; 48: 237-241.
  27. 99) Akira Endo. A historical perspective on the discovery of statins. Proc Jap Acad, Ser B 2010; 86: 488 493. リンク
  28. 100) 遠藤章(岸本忠三との対談) 新しい薬づくりは、必ずどこかでつまずく. 社外の応援団が力になる.千里ライフサイエンス振興財団ニュース 2010.10(No.61, pp. 1-6. リンク
  29. 101) 遠藤章 スタチン発見の検証. 循環器専門医 第18巻第2号(2010年9月), pp.362-367.
  30. 102) Nature Review Cardiology 日本語版 スペシャルインタビュー 第11回 スタチン物語ー第2のペニシリン誕生秘話.Nature Reviews Cardiology 2010; vol.4 No.2, Special Advertising Section.

2011-

  1. 103) 遠藤章(取材) 誠心誠意取り組んで、失敗しても悔やまない. 産学官連携ジャーナル 2011年1月号. リンク
  2. 104) 遠藤章(取材) 動脈硬化のペニシリン「スタチン」を発見. 科学的事実の追求、壁を越えて前へ.TMDA MATES(東京医科歯科医師共同組合) 2011年、No. 262, PP.-7.
  3. 105) 遠藤章(取材) 私の履歴書. Cardio-Lipidology 2011;5(No.1): 27-29.
  4. 106) 遠藤章(取材) 日本発”動脈硬化のペニシリン“開発中止の危機を雌鳥が救う.日経メデイカル 2011;40(No.1):66-69.
  5. 107) 遠藤章、科学にもユーモアを.近畿化学工業界、October 2011, 10-11.
  6. 108) 遠藤章、科学には国境がない(巻頭言).教育展望 2012; 1・2合併号、pp 2-3.
  7. 109) 遠藤章(取材) 世界で一番売れている薬スタチンの生みの親 遠藤 章博士.現代化学 2012 2:16-19.
  8. 110) 遠藤章、北風政志(対談):スタチンの発見と開発ーカビ研究にこだわり続けた。 Circulation 2012; 7(No.2):4-13.
  9. 111) 遠藤章.僕は科学者になりたかった.教育展望 2013年No. 11、pp.5-17.
  10. 112) 遠藤章.お金がないからできた研究もある.野村努ら編 検査診断学 pp.663-666 南江堂、2013.
  11. 113) 遠藤章.コレステロール低下薬スタチンの発見と開発.中京大学生物知能開発研究所紀要(講演記録) 13: 8-1 8 (2013).
  12. 114) 遠藤章.新しい薬づくりは必ずどこかでつまづく。社外の応援団が力になる。ライフサイエンストップランナー16と語る。岸本忠三対談集。千里ライフサイエンス振興財団発行。2013年12月発行。pp.149-164.
  13. 115) 遠藤章.ライフサイエンスの教科書の序文.ラインハート・レンネバーグ著.小林達彦監修.講談社.2014年2月発行.
  14. 116) 遠藤章.コレステロール低下剤「スタチン」の解発史ースタチンと歩んだ50年.科学技術と知の精神文化講演集 36.独立行政法人科学技術振興機構社会技術研究開発センター 2014年2月発行.pp.1-28.
  15. 117) 遠藤章.スタチンの開発かr学んだこと.シンポジウム「未来の医療を創造する内科学」.日本内科学雑誌 2014;103:2000-2006.
  16. 118) 遠藤章.スタチンの誕生ー僕は科学者になってよかった.臨床化学 2015;44:304-315.
  17. 119) 遠藤章.スタチンの誕生ー世の中の役に立つ科学者を目指して70年.日農医誌 2016;64:954-965.
  18. 120) 遠藤章.かくて「奇跡の薬」は生まれた(対談).致知 2016年8月号 pp.12-19.
このページのトップヘ